町田の経営コンサルティング(悩み相談)集団!

MCA 町田市経営診断協会

協会概要

町田市経営診断協会(MCA)は、1978年に創立しました。当時の町田市は街づくりの変革の中にあり、MCA諸先輩がそれに参画し実績をあげてきました。1999年には、武相コンサルティング協同組合を設立し、MCAは研究会・相互研鑽、地域貢献を中心とし、受託事業は協同組合でと住み分けをするようになりました。

一般社団法人多摩経営工房としての法人化

2013年に、東京都中小企業診断士協会・三多摩支部の傘下の地域診断士会にて、活動を革新するために法人化の検討があり、MCAもこれに加わって連携して法人化をしました。

結果「屋号を町田市経営診断協会、法人名を一般社団法人多摩経営工房」という形になっています。

その後、一般社団法人多摩経営工房としての会員増加や、組織会員であるMCAの会員増加により、総勢100名を超す、専門家チームとなっています。メンバーには、経営士、中小企業診断士、税理士、行政書士、社会保険労務士、MBA取得、などの資格保有者ならびに実際の経営コンサルタントとして活動している専門家にて構成されています。

 

理事長挨拶

◇経営の「かかりつけ医」としての役割を目指して

昨今の厳しい経済環境下では、中小企業が経営を維持・発展させて行くには、「売るものが良いものなら売れる」「売り方が上手なら売れる」というだけはすまなくなっています。「市場の予測」「変化への対応」「資金調達」「人材確保」「人材育成と従業員管理」「地域事業者との連携」「インターネットほかIT武装」「省力化の工夫や設備投資」など、多方面にわたる経営の工夫・改善・革新が求められています。

私たちは、各種の専門家集団であることにより、事業者様の「経営の・かかりつけ医」としての役割を果たせる、総合的なコンサルタント・チームを目指します。

組織(2017.5.13 ~)

役職(三役)   氏  名   備  考
理事長 猿山 康継  
副理事長 中井 義博  
副理事長 兼子 俊江  
専務理事 太細 貞治  

他、理事11名

活動方針

町田市・相模原市を中心に、地域社会活性化に向けた調査・分析、経営の合理化に向けた経営診断・経営支援等の事業を行う。

  1. 経営に対する学術調査、研究及び研修事業
  2. 行政機関、商工業諸団体および個別企業よりの依頼に基く調査事業
  3. 公的機関及び経営諸団体に対する提言事業
  4. セミナー、シンポジュウムの開催、及び管理者及び従業員の教育訓練等への講師推薦事業
  5. 高度情報社会に対応する調査、研究、開発に関する事業
  6. 地域動向に関する調査、研究事業
  7. まちづくり等地域活動に関する事業